夜ヶ久保モトクロスライフ!

エンデューロにドハマリ中。JEC、JNCC、Y2-XC、キャンオフなど中心に出没し、写真を撮ったり走ったりしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# KLXパンク修理

お疲れ様です。シャチです。

先日、「さぁKLXで林道抜けて長野へ行くぞ!」と気合を入れて跨ったらパンクしていた時の絶望感を味わいました。

以前からチューブタイヤを履いているバイクの宿命として「いつかは絶対パンクする」という話を聴いていて、ツーリング先でパンクしたときのために自分で修理する方法を覚えないといけないなぁ、と思っていました。

お世話になっているバイク屋さんに「今度教えてください」って言ってあったら、翌週ほんとにパンクしたっていう嘘のようなホントの話です。


お仕事の日だったのですが、朝からKLXの引き上げにきていただき、バイク屋の店長さんに教えてもらいながら修理を行いました。

DSC04248c.jpg

作業スペースをお借りして作業開始。

DSC04252c.jpg

こちらがパンクの原因の穴。
くっきり空いてますorz

DSC04253c.jpg

そしてこちらが刺さっていたクギ。
おそろしすぎます。

DSC04249c.jpg

タイヤをはずして事前に用意しておいた自前の工具を使ってチューブを取り出します。
初めてで全然勝手がわからなかったので、店長さんが見本を見せてくれたあと、わざわざ元に戻して「さぁどうぞ」ってやってくれました。
「ツーリング先では自前の工具でやらないといけないんだから」と出来るだけ自前工具でやらせてくれましたが、うまく出来ないときには愛用の工具を貸してくれ、「こういうのが便利だよ」と教えてくれました。さらに使いやすいように自前工具を削って加工まで。

DSC04250c.jpg

そしてこちらが取り出したチューブ。
予め買っておいた新品のチューブを入れてタイヤを元に戻して終わり。

細かい作業手順を全部書くのはめんどくさいので省略させてもらいます。
コツとかまで全部書くとけっこうなテキスト量になりそうだし、記事も貯まっているのでw
調べればいっぱい他のブログで見つかると思うので参考にしてください。

さらに作業はほぼ全て、兄が動画撮影をしてくれましたので忘れてしまったりしてもそれを見れば大丈夫、というわけ。


これでもうパンクも怖くありません!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tohge.blog94.fc2.com/tb.php/168-ccf2c20a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。